大人の算数

四谷大塚のカリキュラムにあわせ、受験生のお子様をお持ちの保護者の方々に、
算数の問題の解き方を分かりやすくお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

現5年生(新小6)の塾選び - 未通塾 - (1)

これから本格的に受験勉強をしようとお考えの場合、
正直なところ、スタートが遅かったといえます。

しかし、方法によっては、
納得できる受験を向かえることは可能です。

まず、現在通塾している子ども達に追いつく必要があります。

したがって
・既習分野をどうフォローしてもらえるか?
ということが塾選びのポイントとなります。

塾側に質問すると、回答は次のいずれかでしょう。
1.これからも同じ分野を扱うからその時学習すれば大丈夫。
2.授業が無い日に来てくれれば教えます。
3.個別指導部で承ります

「1」の「同じ分野を扱う」はうそではなく、
小6だけでも3~4回は同分野が授業で行われます。
ただ、その時の解説は初回のときよりも早く簡素となるはずですので、
分からなかったときに「分からない」を言える子向けであるといえます。

「2」については、
「いつ(何曜日の何時に)行くと、何をどのように教えてもらえるか」
を明らかにしておければベストです。
しかし通常、塾は授業でお金を頂戴しているわけですから、
その質問には明確に答えてもらえないと思います。

「3」については、
別途費用がかかるというマイナス面もありますが、
だからこそ、キチンと責任を持って対応してもらえるはずです。
ただ注意したいのは、
授業と個別担当者が同一である可能性は極めて低く、
したがって、
「解き方(教え方)が違う・・・」
と、本人が混乱してしまう可能性があります。

どれも一長一短あるので、これまた迷いますが、
最も効果的なポイントを次回、掲載しようと思います。

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

web拍手

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。