大人の算数

四谷大塚のカリキュラムにあわせ、受験生のお子様をお持ちの保護者の方々に、
算数の問題の解き方を分かりやすくお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

この時期に志望校で迷っている場合

この週末から中学受験が始まります。

本格的には2月からですが、
この1月の結果を見て、
再度、
志望校を検討されるご家庭も多いかと思います。

中学受験の場合、
最低でも6年間、長いと10年間も子どもを預ける学校となるので、
慎重に慎重を重ねて学校選びは行うものです。

子どもの気持ちも考慮しつつも、
「学力レベル」「校風」「大学附属・進学校」「共学か」
に加え、
「噂」「授業料」
などなど、検討要素は多岐にわたるものです。

そして、そのどれを優先するか・・・
これは良し悪しではなくご家庭のお考えかと思います。

ただ、どこかで判断しないと、願書受付も終わってしまいます。

やはり最優先するのは本人の意思でしょう。
本人が
「○○中学を受けたい」
というのでしたら、そこを第一に考えないと、
本人のモチベーションが下がります。
この時期に一度下がったモチベーションを上げるのは、
至難の業です。

もし、本人の意見とご家庭の考えに違いがある場合でも、
「この学校の方がいいに決まっている」
のような感じで話してしまうのは危険です。

本人の希望通り受験させ、
他の日程をうまく使ってご家庭の意向通りの学校を受験させることがベストかと思います。

日程を踏まえた受験パターン、
このパズルに受験当事者以上に頭を使っているご父兄も多いことでしょう。

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

web拍手

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。