FC2ブログ

大人の算数

四谷大塚のカリキュラムにあわせ、受験生のお子様をお持ちの保護者の方々に、
算数の問題の解き方を分かりやすくお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

小6(上)第1回① - 面積と辺の比(1)

01-01.jpg
アとイの面積は2:5です。
高さがわかっていれば簡単ですが、それが指定されていません。

01-02.jpg
そこで、適当に高さを決めてあげましょう。
例えば、「10cm」とすると計算しやすいと思います。

01-03.jpg
そうすると、
アの面積 => 40
となるので、
イの面積 => 100
となります。

01-04.jpg
イの面積が決まったので、台形の公式にあてはめ、後は逆算をするだけです。


【 ポイント 】

このとき方は、決してよい解き方とはいえません。

ただし、小6になったばかりの時期、
生徒も緊張しているでしょうから、通常時以上にわかりやすくを心がける必要があります。
ここで、躓いてしまっては「算数嫌い」が定着してしまいます。
ゆえに、この解き方をお勧めします。

したがって、慣れてきたときには、
「あの時は幸教えたけど、例えばこういう解き方も…」
と別解を紹介する必要があるでしょう。

テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育

web拍手

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。